ひきこもり防止三原則(参考)

※親の責任の下で行う行為

 

① 7歳で肝だめしを行う

② 幼少のころは自然を相手に遊ばせる

③ 自由な育て方 (「欲の心理対策」)

 

具体的な説明

 

① 一人で行動するための習慣づけ。資料①(イラスト含む)(←左をクリックしてください)

② スポーツに向かない子供の基礎体力づくり。(体全体を全力で動かす行為は必要なこと、親が遊びを実践する。なるべく子供同士で遊ばせる。遊ぶ道具はないほうが良い。水の事故等に注意。)

③ 「欲の心理対策」とは、子供に「欲の世界」を見せないことで、
自分への華やかなイメージ(優等生、優越感を抱かせるもの、自然な評価は除く)、華やかな未来(有名校、職業、将来の安定)、華やかすぎる所(一人になれないところ、もの)、親の価値観(親が価値を置くもの、価値観の押し付け)等、になるべく注意すること。

 

※小さい子供に、わいせつ映画等を見せ続けると、「欲の世界」に身を置きたがるようになり、自主的に努力しない傾向(曲がった性格)になる見方があります。(または欲に流され思考の伴わない努力をしてしまう。)子供にとって「欲の世界」はわいせつ映画に限らず、日常にもあります。それに注意し、人から何も言われない状態のストレスのない自由な行動や自然な努力が、生きていくうえで必要な経験につながると考えます。

 

補足

肝だめしをする際は、子供が悩み事を持たない状態で、親と子の確かな信頼関係があるのが前提です。(距離を短くする、後ろ盾の大人を増やすなどその子にあった親側の工夫が必要。)また、子供はいろいろな人との交流(友達、年長者)で、自我が芽生え、行動できるようになります。

 

 

製作者 ひきこもりスクール(静岡県)
(平成27年8月制作)