ひきこもり防止三原則(参考)

※親の責任の下で行う行為

 

一、7歳で肝だめしを行う

二、幼少の頃は自然を相手に遊ばせる

三、自由な育て方 (欲の心理対策)

 

具体的な説明

 

一、一人で行動するための習慣づけ、資料①(イラスト含む)(←左をクリックしてください)

二、スポーツに向かない子供の基礎体力作り(生きていくうえで体力は必要なこと、親が実践する。なるべく子供同士で遊ばせる。遊び道具はないほうがよい。)

三、「欲の心理対策」とは、子供に「欲の世界」を見せないことで、
自分への華やかなイメージ(優等生、優越感を抱かせるもの)、華やかな未来(有名校、職業、将来の安定)、華やかすぎる所(一人になれない所、もの)、親の価値観(親が価値を置くもの、価値観の押し付け)等、に注意すること。

 

※小さい子供に、わいせつ映画、等(欲の世界)を見せ続けると、「欲の世界」に身を置きたがるようになり、自主的に努力しない傾向(曲がった性格)になる見方があります。子供にとって「欲の世界」はわいせつ映画に限らず、日常にもあります。子供が健全に育ち、一人で生きていく人間になるために注意すべきと考えます。

 

制作者 冨山雅広(静岡県)
(平成27年8月制作)